総量規制による消費者金融のキャッシングの規制

2010年の改正貸金業法の全面施行により、総量規制が定められました。総量規制により、消費者金融や信販会社からお金を借りる場合、年収の3分の1までしか借りることができなくなりました。この規制が設けられたのは、多重債務者を救済する趣旨です。
たとえば、年収が300万円の人の場合、100万円までしか借入れができません。すでに他所の消費者金融から借入れがある場合には、その借り入れ分も考慮されます。すなわち、A社からすでに30万円借りている場合には、B社からは70万円までしか借りることはできません。
ただし、総量規制の対象は、消費者金融や信販会社のキャッシングです。銀行は含まれません。したがって、銀行のカードローンによれば、年収の3分の1を超える額を借りることが可能です。銀行による貸付けは、別途、銀行業法による規制があるからです。
なお、総量規制の除外または例外事項に当てはまる場合には、当該規制の対象外となります。たとえば、不動産担保貸付や自動車担保貸付は除外事項の、配偶者貸付けは例外事項の典型例です。